守破離

思ったことを書き殴るだけ

今が団地の住み頃 - 団地暮らしのススメ

※本記事は過去自分が書いたものを加筆修正し再掲載したものです。
f:id:irachi:20170420230303j:plain
住まいに関わるイニシャルコスト(敷金・礼金・仲介手数料など)やランニングコスト(賃料・管理費)を少しでも下げたいとお考えの方は団地も選択肢の一つに入れてみても良いかもしれません。

団地の主なメリット

www.ur-net.go.jp

  • 礼金が不要
  • 仲介手数料が不要
  • 更新料が不要

この3点が不要な代わりに敷金が家賃の3か月分ですが(1か月のもあります)、1〜3か月分の家賃が無料になるフリーレントや敷金分割払いなどのキャンペーンも定期的に行われています。

また退去する際の原状回復費用に関してもかなり具体的に何にいくらと明細を出してくれ、そんなに高い費用を請求されないのも特徴です(例えばキッチンにこびり付いた取れない汚れを落とすのに数百円かかりましたとか。私の経験だと原状回復費用は5千円もかかりませんでした)。

また、住んでいる団地から別の団地に住み替えたいという時でも、先に収めた敷金から原状回復費を差し引いた分をそのまま新しい団地の敷金の一部としてスライド(充当)させることができ、提出書類の一部も省略できるので煩わしさがありません。
(※余談ですが、賃貸物件を解約する際に火災保険も同時に解約するのを忘れがちじゃないですか? 火災保険も適用期間内に解約すれば残金が戻ってきます)。

またコスト面以外にも保証人が不要というメリットもあります。一般の賃貸住宅であれば、たとえ社会人であっても保証人が必要なケースがあるかと思います(同棲であれば自分と相手のぶんも必要な場合も)。友人や会社には頼み辛いから遠方に住む親兄弟に…なんてシチュエーションも保証人不要の団地であれば気にしなくても大丈夫です。

今、団地が再評価されている

どうして団地を推すのか? 数年間、駅前のアーケードを通れば雨に濡れないくらい駅近のいわゆるデザイナーズマンションに住んでいた事がありました。インテリアにもこだわり雑誌見開き2ページに渡って紹介れたこともされました。友だちの評判も◎。しかし、質素倹約な彼女(妻)に出会った事がきっかけで借りモノの家なのにバカ高いお金を毎月払っていることに疑問に抱くようになり、『リノベーションされた団地』というものを知り興味関心を持つようになりました。

www.ur-net.go.jp


私も妻も生家は一軒家なので一人暮らしのマンション暮らしという経験はあっても、団地暮らしという経験はこれまで勿論なく、どちらかと言うと団地に対してマイナスのイメージを持っていたので、新築や建て替えではなく、リノベーションして再生するという考えに惹かれました。

ちなみに団地はその昔、高度経済成長期には庶民の憧れの的でセレブが住むようなところだったそうです(また出来たばかりの画一化された無機質な住空間は当時、人の住む場所ではないなんて批判もあったとか)。
今では貧困とか高齢化とかってイメージを持たれている人もいるのではないでしょうか?

www.ur-net.go.jp


時代は変わって…、新しく物件を立てる場所も無いほどマンションが乱立した今、団地に関わらずリノベーションが注目されています。

www.renoveru.jp

その昔、広大な土地に貧弱な草木が植えられただけの無機質と呼ばれた団地も今は肥沃な庭に立派に根を張り、まるで公園の中にいるかのような贅沢なランドスケープに成長し住み時を向かえています。

www.ur-net.go.jp
www.ur-net.go.jp

今ではすっかり団地の魅力に取り憑かれてしまい書くとキリが無いのでこの辺で止めようと思いますが、団地も当然、立地の善し悪しや築年数などで賃料は大きく異なります。でも、もし団地に引っ越す事を考えるなら、個人的には団地ではなくとも発生する問題よりも、団地でなければ味わえない魅力を感じ取って物件を決めるのをオススメします。
団地によっては敷地内にスーパーや病院、幼稚園等の施設が充実していたり、自治会がしっかりしていてお祭りや餅つきなどをみんなで楽しむ事もできます。

www.youtube.com

最後にオススメ団地関連リンクをピックアップして〆たいと思います(今回はJKK等の団地は割愛しました)

natalie.mu
ours-magazine.jp
www.danchinomirai.com
www.odakyu-fudosan.co.jp